民間機関で免許取得

ヘリコプターの免許を取っていく順番としてまず、自家用の免許を取ってから事業用の免許を取ってプロのヘリコプター操縦士として就職していくのが通常です。事業用の免許を取るためには民間の機関を使うしか現在免許を取る方法はありません。ここでは日本の民間機関で行われている免許取得までの流れを見ていきます。

訓練海外での留学を含んだ取得方法ではまず日本で英語を使った教材を使いながら航空景気に関することや、システムに関して一か月ほど講習を受けます。その後航空機先進国であるアメリカにわたり、そこで二か月半から三か月間座学と実地訓練を行っていきます。その後日本に帰国し、訓練を受けて自家用か事業用の免許を受験します。一般的には自家用を取得してから事業用を取得します。ちなみにこの二つは同時に受験することはできません。そして事業用の免許までを取り終えたらそれぞれに就職という形になります。

手厚く教育が受けられる一方で民間であるために費用が高額になりやすいという欠点があるヘリコプターの事業用免許の取得ですが、ヘリコプター業界大手の二社では免許取得後その会社に入ることを条件に奨学金制度を設けています。またローンを組むことで免許を取る方法もあるようです。

参考リンク
へリコプター・飛行機の操縦士免許・パイロットライセンス・機体販売:アルファーアビエィション

種類ごとの免許取得

ヘリコプターの操縦免許には自家用と事業用とがあり、その区分として自家用は報酬を受け取らずヘリコプターの操縦を行うことで事業用操縦士は報酬を受けて無償の運航を行うヘリコプターの操縦を行うことなどとされています。

資格また事業用操縦士の中には定期運送用操縦士というものがあり、通常の事業用操縦士であれば一人で操縦することができますが、操縦に二人必要とされているものを扱うものがあります。どの免許を取るのにも必要飛行時間が定められており、自家用より事業用の方が長くとられています。また求められる飛行の種類や飛行中に行わなければならないことも多くなっています。

そして事業用の免許に関しては注釈として機長としてヘリコプターを操縦していた時間のみをカウントするとされている飛行条件もあります。また、免許を取得するときに必要な資格、検査があります。それは身体検査や無線・通信に関する資格です。事業用の免許は飛行時間だけでなく、身体検査に関しても求められる基準が厳しく設定されています。特に運送事業を行う際には航空無線通信士という資格が必要になり、この資格があれば事業用の免許を取るときには航空特殊無線技士という資格が免除になります。

ヘリコプターの操縦士

ドラマなどで取り上げられ注目度の上がっているヘリコプターの操縦士ですが、現在操縦士の高年齢化が進みかつ、人手不足に陥っています。そのため、いまヘリコプターの操縦士を目指せば就職先が見つけやすい可能性があります。なぜ現在ヘリコプターの操縦士が少ないのかというと、仕事としてヘリコプターを操縦することができる免許である事業用操縦士免許を取得する方法が、民間の機関を使う他にありませんので自己負担する費用が高額になってしまうということが挙げられています。

ヘリコプター操縦士この状態を改善するため、航空会社二社からヘリコプター操縦士を目指す若者に対して奨学金制度が設置されるようになりました。また、この奨学金を使うとその会社の訓練生にしてもらえるなどの制度があります。ここまで事業用操縦士免許について述べてきましたが、趣味としてヘリコプターに乗るために免許を取ることもできます。また、こちらは海外で免許を取って国内の免許をして書き換えることもできます。

事業用の免許を取るには国内で試験を受けるしかありませんが、免許を取得できれば幅広いところでその技術を使って活躍することができます。海上保安庁や警察、民間利用であればドラマで有名になったドクターヘリや農薬散布などがあります。また報道でも上空から撮影を行う場合は民間のヘリコプターを使って撮影を行っています。自衛隊でもヘリコプターは使われていますがそれだけは免許が異なるので事業用操縦士免許をとっても操縦することはできません。