ヘリコプターの操縦士

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

ドラマなどで取り上げられ注目度の上がっているヘリコプターの操縦士ですが、現在操縦士の高年齢化が進みかつ、人手不足に陥っています。そのため、いまヘリコプターの操縦士を目指せば就職先が見つけやすい可能性があります。なぜ現在ヘリコプターの操縦士が少ないのかというと、仕事としてヘリコプターを操縦することができる免許である事業用操縦士免許を取得する方法が、民間の機関を使う他にありませんので自己負担する費用が高額になってしまうということが挙げられています。

ヘリコプター操縦士この状態を改善するため、航空会社二社からヘリコプター操縦士を目指す若者に対して奨学金制度が設置されるようになりました。また、この奨学金を使うとその会社の訓練生にしてもらえるなどの制度があります。ここまで事業用操縦士免許について述べてきましたが、趣味としてヘリコプターに乗るために免許を取ることもできます。また、こちらは海外で免許を取って国内の免許をして書き換えることもできます。

事業用の免許を取るには国内で試験を受けるしかありませんが、免許を取得できれば幅広いところでその技術を使って活躍することができます。海上保安庁や警察、民間利用であればドラマで有名になったドクターヘリや農薬散布などがあります。また報道でも上空から撮影を行う場合は民間のヘリコプターを使って撮影を行っています。自衛隊でもヘリコプターは使われていますがそれだけは免許が異なるので事業用操縦士免許をとっても操縦することはできません。