種類ごとの免許取得

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

ヘリコプターの操縦免許には自家用と事業用とがあり、その区分として自家用は報酬を受け取らずヘリコプターの操縦を行うことで事業用操縦士は報酬を受けて無償の運航を行うヘリコプターの操縦を行うことなどとされています。

資格また事業用操縦士の中には定期運送用操縦士というものがあり、通常の事業用操縦士であれば一人で操縦することができますが、操縦に二人必要とされているものを扱うものがあります。どの免許を取るのにも必要飛行時間が定められており、自家用より事業用の方が長くとられています。また求められる飛行の種類や飛行中に行わなければならないことも多くなっています。

そして事業用の免許に関しては注釈として機長としてヘリコプターを操縦していた時間のみをカウントするとされている飛行条件もあります。また、免許を取得するときに必要な資格、検査があります。それは身体検査や無線・通信に関する資格です。事業用の免許は飛行時間だけでなく、身体検査に関しても求められる基準が厳しく設定されています。特に運送事業を行う際には航空無線通信士という資格が必要になり、この資格があれば事業用の免許を取るときには航空特殊無線技士という資格が免除になります。