民間機関で免許取得

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

ヘリコプターの免許を取っていく順番としてまず、自家用の免許を取ってから事業用の免許を取ってプロのヘリコプター操縦士として就職していくのが通常です。事業用の免許を取るためには民間の機関を使うしか現在免許を取る方法はありません。ここでは日本の民間機関で行われている免許取得までの流れを見ていきます。

訓練海外での留学を含んだ取得方法ではまず日本で英語を使った教材を使いながら航空景気に関することや、システムに関して一か月ほど講習を受けます。その後航空機先進国であるアメリカにわたり、そこで二か月半から三か月間座学と実地訓練を行っていきます。その後日本に帰国し、訓練を受けて自家用か事業用の免許を受験します。一般的には自家用を取得してから事業用を取得します。ちなみにこの二つは同時に受験することはできません。そして事業用の免許までを取り終えたらそれぞれに就職という形になります。

手厚く教育が受けられる一方で民間であるために費用が高額になりやすいという欠点があるヘリコプターの事業用免許の取得ですが、ヘリコプター業界大手の二社では免許取得後その会社に入ることを条件に奨学金制度を設けています。またローンを組むことで免許を取る方法もあるようです。

参考リンク
へリコプター・飛行機の操縦士免許・パイロットライセンス・機体販売:アルファーアビエィション